読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煩悩退散!

シンプルライフを目指しています。なのに煩悩(物欲・食欲・承認欲 etc.)は尽きません。そんな煩悩をここで吐き出して成仏させようとする試み。

私が今読みたい古典・名作5選(日本/近現代)

スポンサーリンク

  • この前の下の記事に続いて、今、私が読みたい日本の古典・名作、近現代の5選です。

いやー、名作と言われるものを本当に何も読んでいないので、恥ずかしいです。

では、時代が古い順に。みなさん、これらの名作は既に読んでいますか?

暗夜行路(志賀直哉  1927年)

教科書でお馴染みの「城崎にて」を書いた志賀直哉の長編小説です。大山(だいせん)の自然の描写が素晴らしいとの噂です。

青空文庫にはありません。

暗夜行路 (新潮文庫)

暗夜行路 (新潮文庫)

 

雪国(川端康成 1937年)

ノーベル文学賞を受けた川端康成の小説です。越後湯沢を舞台に芸者の姿を叙情的に描いた作品だそうです。

青空文庫にはまだありません。Kindle版なら360円で買えます。

雪国 (新潮文庫 (か-1-1))

雪国 (新潮文庫 (か-1-1))

 

細雪(谷崎潤一郎 1948年)

谷崎純一郎は、明治末期から昭和にかけての文豪で、耽美な作風が特徴とされています。「細雪 」は、大阪船場の商家の4姉妹を描いた作品で、当時の阪神間の生活文化をよく表した作品とも言われます。

青空文庫にはまだありませんでした。アマゾンで探してみると、全3巻と結構長いですね。Kindleなら、全巻を合わせたバージョンが購入できるようです。

細雪 (上) (新潮文庫)

細雪 (上) (新潮文庫)

 
細雪(上中下) 合本版

細雪(上中下) 合本版

 

人間失格(太宰治 1948年)

人間失格は、太宰治の遺作ともなった自伝小説です。太宰はこの作品を書いた後、入水自殺します。

こちらは、青空文庫にありましたので、すぐに読めますね。

図書カード:人間失格

⇒  2016/3/1読了

金閣寺(三島由紀夫 1958年)

青年僧による金閣寺放火事件を題材にした小説です。

青空文庫にはまだありません。

金閣寺 (新潮文庫)

金閣寺 (新潮文庫)

 

まとめ

日本の近現代の名作と呼ばれるもので、私がまだ読んでおらず、読んでみたいと思った作品をリストアップしてみました。