読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煩悩退散!

シンプルライフを目指しています。なのに煩悩(物欲・食欲・承認欲 etc.)は尽きません。そんな煩悩をここで吐き出して成仏させようとする試み。

瞑想の科学的解釈に関して読んでみたい本

スポンサーリンク

ブログの読者の方にはお分かりのように、最近瞑想について勉強しています。瞑想について、科学的にはどんなことが分かっているか知りたくなったので、書籍や文献を探してみました。

この前読んだ『自分を変える気づきの瞑想法』の感想記事はこちらにあります。

瞑想の科学的解釈に関する情報

まずネットで検索してみると、下の記事が目に止まりました。瞑想により脳に物理的な変化が起きているという記事です。

www.nikkei.com

下の日経サイエンスは、瞑想に関する研究の他にも、脳に関する面白そうな記事が満載のようです。買ってみようかな。 

心を探る (別冊日経サイエンス)

心を探る (別冊日経サイエンス)

 

また、書籍も最近のブームに乗ってたくさん出ていますね。アマゾンで「瞑想 科学」のような感じで検索して見つかったもので、良さそうなものをピックアップしてみます。

マインドフル・ワーク―「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える

こちらは、Kindleのサンプルで冒頭の結構な量を試し読みできますね。

マインドフル・ワーク―「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える

マインドフル・ワーク―「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える

 

お釈迦様の脳科学 釈迦の教えを先端脳科学者はどう解くか?

こらちの本も、Kindleのサンプルで冒頭が読めます。目次と冒頭を読んだ限りでは、タイトルから想像するよりも、広範囲の話題を扱っているようです。

お釈迦様の脳科学 釈迦の教えを先端脳科学者はどう解くか?

お釈迦様の脳科学 釈迦の教えを先端脳科学者はどう解くか?

 

瞑想する脳科学

こちらの本の著者は京都文教大学准教授で、チベット密教の研究者とあります。

瞑想する脳科学 (講談社選書メチエ)

瞑想する脳科学 (講談社選書メチエ)

 

マインドフルネス・瞑想・坐禅の脳科学と精神療法

こちらの本の著者の貝谷久宣氏は、精神科医の先生だそうです。

マインドフルネス・瞑想・坐禅の脳科学と精神療法

マインドフルネス・瞑想・坐禅の脳科学と精神療法

 

仏教と脳科学―うつ病治療・セロトニンから呼吸法・坐禅、瞑想・解脱まで

著者は、テーラワーダ仏教の長老 アルボムッレ・スマナサーラ氏と、脳生理学者の有田秀穂氏です。アルボムッレ・スマナサーラ氏は、この前私が読んだ『自分を変える気づきの瞑想法』の著者ですね。有田秀穂氏は、セロトニンの研究をされていた方だそうです。

仏教と脳科学―うつ病治療・セロトニンから呼吸法・坐禅、瞑想・解脱まで (サンガ新書)

仏教と脳科学―うつ病治療・セロトニンから呼吸法・坐禅、瞑想・解脱まで (サンガ新書)

 

まとめ

瞑想の科学的解釈に関して何かしら書いてありそうな本を探してみました。この中では、別冊日経サイエンスが一番読みたいかな。