読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煩悩退散!

シンプルライフを目指しています。なのに煩悩(物欲・食欲・承認欲 etc.)は尽きません。そんな煩悩をここで吐き出して成仏させようとする試み。

【今日の生パスタ】小さな耳の形のパスタ「オレッキエッテ」を作ってみました

生パスタ

スポンサーリンク

f:id:skktmlab:20160613163539j:plain

今日のお昼は、小さな耳の形のパスタ「オレッキエッテ(Orecchiette)」を作ってみました。ナイフで生地を押し付けで伸ばし、それを裏返して耳の形にします。簡単につくれる初心者にもオススメの生パスタです。

小さな耳にソースがよく絡む

いつものように、こちらの本を参考にしました。

「オレッキエッテ(オレキエッテ)」とは、「小さな耳」という意味の、イタリア・プーリア州のパスタです。

プーリア州は、イタリア半島南部の「かかと」の部分にある州で、州都はバーリという都市です。日本ではあまり馴染みが無いですね。ワインの生産が盛んだそうです。

1.5センチ角に切った生地を、ナイフを押し付けて手前に押し伸ばし、それを裏返しにすると、耳のような形になります。この耳のヒダの部分にソースがよく絡みます。本場では、菜の花のような野菜のソースとあえるのが定番だそうです。

言葉で説明するとよく分かりませんが、写真や、動画でみるとよく分かります。人によって色々流儀があるようです。

粉の配合は、いつもの通り、

  • 日清パスタ用小麦粉 80g
  • 全粒粉 10g
  • 塩 小さじ1/4
  • オリーブオイル 少々
  • 水 30cc~

としました。

いつもの私の悪い癖ですが、レシピに書かれているよりも、厚く、大きく作ってしまったようです。また、形も少しばかりお手本と違うかな。

レシピでは、茹で時間は4〜5分となっていましたが、8分くらい茹でてもまだ固い感じでした。

ソースは、ベーコンとトマトのソース(バジル葉と黒オリーブ入り)です。

f:id:skktmlab:20160613163539j:plain

食べてみると、やはり固めだったのですが、小さめのものは、いい感じの食感になっていて、厚くなった部分と薄い部分の食感の違いが楽しいなと思いました。オレッキエッテの美味しさの片鱗は、感じることができました。

まとめ

今日のお昼は、小さな耳の形のパスタ「オレッキエッテ」を作ってみました。少し失敗気味でしたが、簡単につくれますし、うまく作れればとても美味しくなりそうなので、もっと練習してマスターしたいパスタですね。