読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煩悩退散!

シンプルライフを目指しています。なのに煩悩(物欲・食欲・承認欲 etc.)は尽きません。そんな煩悩をここで吐き出して成仏させようとする試み。

Evernoteで「はてなブログ」の下書き(Markdown)を書いている時に困ったこと: ダブルクオート(")が勝手に変換される → Macの機能でした

スポンサーリンク

私は、このブログの記事の下書きはEvernoteを使って書いているのですが、たまに困ったことがありました。それは、Markdownで記事を書いていて、HTMLを直に書きたい時に、ダブルクオート(")が勝手に、開きダブルクオート(“)と閉じダブルクオート(”)に勝手に変換されてしまうのです。

ダブルクオートが勝手に変換される

英語の文を書く時には、引用符で語や文を囲みたい時には、始めを開きダブルクオート(左ダブルクオートとも言う)、終わりを閉じダブルクオート(右ダブルクオートとも言う)とする(例: “abc”)ことも多いようですが、HTMLなどのプログラム言語では、始めも終わりも両方とも(ストレート)ダブルクオートを使う(例: "abc")のが慣習(仕様)となっています。

注意:フォントによっては見分けがつきにくいですが、ダブルクオート(")と、開きダブルクオート(“)と、閉じダブルクオート(”)は違う文字です。

引用符 - Wikipedia

英語の引用符について知っておくとよい3つのこと | BizCOLLEGE <日経BPnet>

ところが、Evernoteで書いていると、"abc"としたつもりが、勝手に“abc”となってしまうのです(ダブルクオートだけではなく、シングルクオートの場合も同じ問題があります)。

例えば、このブログでは、強調したい部分に下線を引いたようなスタイルを用いていますが、悪い意味で強調したいときには、strongタグのclassを"neg"に設定して、CSSで色を通常の下線とは変えるようにしています。

これはとても良いことです これはとても悪いことです

こんな感じです。

Markdownの下書きの段階では、下の様にHTMLを直に書くことで、これを表現しています。

<strong class="neg">これはとても悪いことです</strong>

しかし、これをEvernoteで書いていると

<strong class=“neg”>これはとても悪いことです</strong>

となってしまうのです。どこが違うか分かりますでしょうか。そうです、ダブルオートが、開きダブルクオートと閉じダブルクオートに勝手に変換されてしまっているのです。

こうなってしまうと、HTMLとしては間違いですから、意図したようなneg付きのstrongタグの効果が出ずに、ただのstrongタグの効果になってしまいます。

原因はMacにあった

原因を調べた所、下の様な記事を見つけました。

xoyip.hatenablog.com

最初は、Evernoteの設定のせいかなと疑っていましたが、原因は、Macの方にありました。

この記事にあるように、環境設定→キーボード→ユーザー辞書→「スマート引用符とスマートダッシュを使用のチェックを外す」で勝手に変換されることを防ぐことができるようになりました。

では、「開きダブルクオートや閉じダブルクオートなどを入力したい時にはどうしたら良いの?」という疑問が出てきますが

  • 開きダブルクオート(“):「option + @」
  • 閉じダブルクオート(”): 「option + shift + @」
  • 開きシングルクオート(‘):「option + [」
  • 閉じシングルクオート(’): 「option + shift + [」

で入力することができます。

他にも、色々な記号をMacで出す方法が下の記事で紹介されていましたので、参考にしてみてください。

inforati.jp

まとめ

Evernoteでこのブログの下書きを書いていて困った「ダブルクオートが勝手に変換される問題」について解決方法を調べてみました。

まあ、個人的には、もうストレートダブルクオートだけを使って、"...."で統一してしまったら良いと思うのですが…なかなか、そうもいかないのでしょうね。