読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煩悩退散!

シンプルライフを目指しています。なのに煩悩(物欲・食欲・承認欲 etc.)は尽きません。そんな煩悩をここで吐き出して成仏させようとする試み。

ひさしぶりの納豆自作(73回目)レポート: 紅大豆で作ってみる

自給自足 節約

スポンサーリンク

f:id:skktmlab:20161117123615j:plain

相変わらずヨーグルティアを使って納豆を自作しています。回数は、73回目を数えました。今回は、少し珍しい「紅大豆」という品種の大豆で納豆を作りましたので、レポートしてみたいと思います。

紅大豆とは

紅大豆は、山形県川西町で栽培されている、その赤い色が特徴の貴重な大豆です。

川西町の紅大豆のページによりますと

山形んまいもの探しの旅:vol.14 川西町|おいしい山形ホームページ

血圧上昇抑制機能の成分「GABA」を含み、「大豆イソフラボン」が一般大豆より多く含まれていること、納豆にすると解毒作用のある「オルニチン」が含まれることなどが解ったんだペロ。

なかなかのスーパーフードであることが分かります

値段もそこそこして、私が購入した時には、1キロ1000円くらいと最安値の大豆の約2倍くらいの値段がしました。

今現在は、アマゾンでは売り切れになっているようですね。

国産(山形県) 紅大豆 1kg

国産(山形県) 紅大豆 1kg

楽天では、まだ僅かに売っているようです。

それだけ貴重な大豆だということですね。

今回は、この貴重な紅大豆を使って納豆を作ってみましたので、その様子を簡単にレポートしてみます。

ちなみに、これまでの納豆自作の記事は、こちらです。

いつものように、発酵器のヨーグルティアを使います。

最近、低温調理まで対応した新しい機種が発売されたようで、ちょっと欲しいです。

紅大豆での納豆作りの様子

紅大豆250gを、水で良く洗い、水に12時間ほど漬けて戻します(夏だと、もっと短い時間でよいのですが、冬だとなかなか戻ってくれません)。

ザルにあけ、流水で良く洗います

f:id:skktmlab:20161117123556j:plain 水で戻すと色は少し落ちてしまいますが、それでもかなり赤いということが分かります。

ザルのまま、圧力鍋に入れ、蒸します。

蒸し時間は20分、火を止めてからの蒸らしは7分としました

蒸しあがったら、ボウルにあけます。とても熱いのでやけどに注意です。

私は、まずザルのふちの方の大豆をすくい取り少しスペースを開けて、そこをキッチンペーパーを厚折りにして挟んで持つようにしています。このキッチンペーパーは後で、発酵中の蓋としても使います。

熱湯で溶かした納豆菌をかけ、かき混ぜて納豆菌をまんべんなく付着させます。

f:id:skktmlab:20161117123559j:plain

大豆をヨーグルティアの容器に移します。 f:id:skktmlab:20161117123602j:plain

少し隙間を開けて、上にラップをかけます。 f:id:skktmlab:20161117123605j:plain 納豆菌の繁殖には適度な湿度も必要らしく、こうすると発酵が上手くいくようです。

内蓋はせず、取っ手蓋だけつけます。 f:id:skktmlab:20161117123607j:plain

ヨーグルティアで、44℃・24時間の設定で発酵させますf:id:skktmlab:20161117123612j:plain キッチンペーパーを、外蓋の下に挟んで、少し隙間を開けて外蓋を置きます。

発酵18時間あたりから、納豆ぽい香りが漂ってきて、発酵が進んでいることが感じられます。納豆好きの私には香ばしい良い香りに感じられますが、納豆嫌いには大変な匂いだと思います。

24時間経つと、こんな感じで納豆菌が繁殖しています。 f:id:skktmlab:20161117123609j:plain

ラップを剥がして確認します。 f:id:skktmlab:20161117123615j:plain 糸もちゃんと引いていて良い感じです。成功ですね。

容器から出し、ある程度冷やしたら、冷蔵庫にいれて一日寝かせたら食べられるようになります。

個人的には、納豆は出来上がってから1週間後以降が良く熟成していて美味しいような気がします。

さてどんな味になっているでしょうか。

なお、このレポートでは省きましたが、容器の消毒は適宜行っています(ヨーグルティアの容器はレンジ消毒、他はアルコール消毒)。発酵は微生物が複雑に絡んだ過程ですので、もし興味のある方は、食中毒などのリスクをご理解の上ぜひ挑戦してみて下さい。

ヨーグルティアなどで温度管理さえちゃんとできれば、意外に簡単です。私の場合、これまでヨーグルティアを使って(お腹を壊したり)失敗したことはありません。

まとめ

貴重な紅大豆で納豆を作ってみましたので、ひさしぶりに納豆の自作レポートをしてみました。どんな味になっているか楽しみです。

追記: 食べました。 f:id:skktmlab:20161117212850j:plain けっこう旨味が強いなと感じました。糸も十分出ていますし、上手く出来ました。